FC2ブログ
 

鋭読 ~英独のニュースから世界を読む~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“ラムナッツ”ってなに? グローバルになったラーメン

日本には外国人観光客が数多く訪れています。政府観光局から発表された数字では2014年1~10月に1,100万人を超える外国人が来日したそうで、これは史上最高値です。
一方、和食の人気もうなぎのぼり。これまでは寿司、天ぷら、しゃぶしゃぶ、神戸牛ステーキあたりが定番でしたが、もっと日常の日本人が食しているカレーやラーメンが人気です。特にラーメンの人気は群を抜いていて、ニューヨーカーもパリジェンヌもズルズルと啜っています。
「ラメオタ」は当然日本人だけだと思っていたら、外国人のラーメンフリークも出てきています。ラーメンをひたすら食して、世界に発信しているブライアン・マクダクストンさんの「Ramen Adventure」は有名です。また、アメリカ人のアイヴァン・オーキンさんの「アイヴァンラーメンプラス」(東京・経堂)が珍しがられていたのはすでにひと昔前の話。日本人によるものですが、ドイツで人気のラーメン店「無垢」が日本に逆輸入されてラーメン博物館(神奈川・新横浜)に「無垢ツヴァイテ」を開店させたのもニュースになりました。
さて、グローバルディッシュとなったラーメン。その変化形も出てきました。これ、そもそも中華料理のメニューを真似て、それに日本なりの変化を加えてできた「ラーメン」としては、決して不自然な流れではありません。そもそも日本の大衆料理にはそうした面があって、ラーメンにしても、スープは多種多様ですし、煮卵、刻みネギ、メンマをのっけたりして自分たちなりの変化を楽しんで、より美味しいラーメンを目指しています。また、カップラーメンを発明したのも日本人ですね。(⇒カップヌードル発明の父=安藤百福さんについてはこちらもどうぞ)
ですから、ラーメンピザ、ラーメンラザーニャなどが外国で生まれているのはゴリ丸も知っていましたが、なんと「ラーメンドーナツ」が出てきました。
アメリカは『ロサンゼルス・タイムス』から、"UCLA student creates a 'ramnut' - ramen burger doughnut" 「UCLAの学生がラーメンバーガードーナツ“ラムナッツ”を発明」をご紹介します。

(注:リンク、トラックバック、引用は出典を明記した場合に限りフリーです。出典を明記せず、または管理人の承諾なく一部ないし全部を転載することは、これを禁じます。コメントから連絡ください)

<開始>
UCLAで政治学を専攻する21才の学生が次世代のキッチン革命足りえるものを発明した。"Culinary Brodown" というブログを書くジョシュ・シーラーが“ラムナッツ”を作った。
新しい何とも言えない料理には、ラーメンバーガーとドーナツの考え方が合わさっていて、インスタントラーメンの麺、玉子、調理済みのオルチャータ、ノンスティックスプレーが入った気まぐれデザートだ。
シーラーさんに聞いた。「誰しもが新しいラーメンバーガーを作ろうとしています。ラーメンピザ、ラーメンタコス、ラーメンラザーニャ、ラーメングリルドチーズがありますが、誰もスイーツを作っていません。じゃあ、自分で作ってみようと思ったんです」
彼がラーメン料理を作るのには、子どもの頃に食べていたキャセロールがヒントだった。同じ香りを出す食材を“ラムナッツ”に加えた。カウチにボーっと座って、ルームメイトとあれこれと考えをめぐらせ、オルチャータを使うことにした。
「質感がキャセロールと似ているんです。卵っぽくて、質感もあるんですが甘いんです」「みんな、、ナイフを入れると本当の麺が出てくるなんて気持ち悪いから、これが今まで見た中で一番エグイと言うんです。でも、よく揚げた小麦粉と砂糖ですから、美味しくないはずはないと思います。」
伝統的なドーナツ風にしようと、シーラーさんはカスタードクリームが入っていてチョコレートをかけたドーナツ、ジェリーがいっぱいの粉をかけたドーナツ、フロスティングと七色のスプリンクルを乗せたドーナツを作った。
どんな味がするかは彼のブログに載っているので、ご自分でどうぞ。
これがラムナッツ

また、シーラーさんは仮の版権をブログで公式に売りに出している。「“ラムナッツ”の名称使用権を買いたければ、50ドルとオリーブガーデンのギフトカードをご用意ください。」「ドミニク・アンセルさん、連絡くださいね」
また、“ラムナッツ”を作っていない時は、35ドルで俳句を作ってくれるそうだ。
<終了>

【ゴリ丸の独り言】
最初に訳注をいくつか。
オルチャータ:スペイン生まれの飲料です。詳しくはこちら
ノンスティックスプレー:文字通り、焦げ付き防止用のスプレーです。主にはオイルをむらなく吹き付けるものが多いようです。
ラーメングリルドチーズ:チーズハンバーガーのバンズがラーメン、と思ってください。詳しくはこちら。
フロスティング:イギリスではアイシングと言います。日本では両方使うようですね。焼き菓子を覆う甘いクリーム状のペーストのこと。ケーキを覆っている、あれです。
スプリンクル:ケーキなどに振りかけて使う粒状の砂糖やチョコレートです。
オリーブガーデン:アメリカでは有名なイタリアンレストランのチェーン店
ドミニーク・アンセル:ニューヨークで大人気のベーカリーのシェフ。2015年春には表参道に日本初出店の予定。とくに有名なのはクロワッサンとドーナツを融合させた「クロナッツ」。なんだか「ラムナッツ」に似てますね。

そもそもは17世紀に中国から日本に伝わって、水戸光圀が初めて食したと言われますが、今のラーメンの原型は20世紀に入ってから日本人の好みに合わせて開発されたようです。ゴリ丸としては懐かしい昭和の時代の醤油ラーメンは、当時はどこのラーメン屋さんでも食べられましたが(それしかありませんでした)、今では探して行かないと食べられません。その代りと言ってはナンですが、現代のラーメンは実にバリエーションに富んでいて、ご当地ラーメンやラーメンの変化形のひとつであるつけ麺など、自分好みのお店を見つけるのも楽しみのひとつです。
このように、ラーメンは中華の麺料理を起源とするものですが、日本なりの進化を遂げてきました。いまでは日本の料理といってよいでしょう。それを受入れた諸外国で、その土地なりの進化を遂げるのは、ラーメンとして当たり前ではないでしょうか?
ラーメンがグローバルになったことは喜ばしいのですが、それにしても、スイーツにするとは・・・
日本でも売れるかなあ???
~この稿おわり~

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。