FC2ブログ
 

鋭読 ~英独のニュースから世界を読む~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の自転車マナーはメチャクチャ?

ドイツ人の特長ってナンでしょう?いろいろ言われますが、交通規則に厳しいところがあります。と言ったからといって、全員がしっかりしていて必ず法律を遵守するということではありません。かの国でもいいかげんな人、不注意な人もいます。
これは自転車についても当てはまります。ドイツでは自転車専用路線があるのが当たり前です。したがって、歩道上はおろか、専用路線以外のところを自転車で走ろうものなら、(ここはドイツ人らしいところですが)「それは法律違反だから今すぐやめなさい!」と一般人から叱られます。(と書いているくらいですから、ゴリ丸は叱られた経験があります・・・。おばあさんでした・・・)
逆も同様です。歩行者が自転車専用路線を歩いていると、叱られます。警察がいると、厳しく注意されます。
まあ、「叱られる」と書きましたが、それはドイツ人の「隣人愛」のなせるワザだと思いたいのですが・・・
いずれにしろ、交通規則に厳格なドイツ人は日本の交通事情をどう思っているのでしょうか?おもしろい記事がありましたのでご紹介します。
おなじみ『ディ・ヴェルト』紙電子版から "Kamikaze in Tokio ? Radfahren ohne Bremse ist chic"「東京でカミカゼ? ブレーキのない自転車はカッコいい」です。

(注:リンク、トラックバック、引用は出典を明記した場合に限りフリーです。出典を明記せず、または管理人の承諾なく一部ないし全部を転載することは、これを禁じます。コメントから連絡ください)

<開始>
日本は仏教国なので、かの国の住人が再生を信じているのは間違いない。いずれにしても死後の世界は信じている。さもなければ自転車で時に見られる危険走行の説明がつかない。
例えば東京の渋谷の世界一有名な交差点では、信号が青になると四方から大勢の人々が交差点の中心に向かって押し寄せる。一見無秩序なようだが、同時に穏やかにも見える。しかしながら、常識的な人はしっかりしなければならない。歩行者の流れが交錯するまでの一瞬の間に、カミカゼ自転車がちょうど空いている隙間を縫って突進してくることがよくあるからだ。
日本人が「間違った」側を自転車で走って来るのは全く困りものだ。日本ではイギリスと同様に左側通行だからだ。だが、この法律さえ彼らは守らず、走りたい側を走ってくる。左か右かなどお構いなしだ。
したがって、左側を走っていてもとんでもない自転車乗りがいれば自分に向かって来ることもある。「あれ? 今すれ違ったのは右、それとも左?」この質問の結果、ニアミスになることも珍しくないし、正しい側を走っていてもぶつかることがある。血圧、神経、骨にはよくない。

ベルを鳴らすのは失礼
日本の警察はこれに対して長い間うるさく言わなかった。一例がある。何年か前、間違った側を自転車に乗った女性がわたしに向かって疾走してきた。同時に、反対側を2人の警察官が自転車に乗って近づいてきた。(しかも並んで走るのは禁止されていた)彼らはその女性を停めて注意したか?そうではなかった。わたしはどうにかその女性を避けた。
残念ながら自転車を止めて歩いても無駄だった。歩道さえも自転車乗りの天下だ。危険だとわかるのは何度かニアミスをしてからだ。注意:決して想像上のバックミラーを見ないうちに突然わきに避けないこと!でないと追い越そうとする自転車乗りに必ずぶつかってしまう。
自転車のベルを鳴らすと、近づいてくる自転車乗りには必ず聴こえるだろうが、日本では失礼だと思われている。ほとんどの自転車は、誰も修理したり油を差したりしないので、ブレーキを掛けるとキーッと耳をつんざかんばかりの音を立てる。科学が進んだ日本のような国では驚くべきことだ。

ブレーキははずされている
さらに悪いことには、何世紀に一度という大地震が2011年3月11日に起きて、自転車にルネッサンスが訪れた。東京でさえ地震がひどく、電車は翌日まで止まった所もあるほどだった。そこで多くの通勤客は、事務所に泊るか自宅まで延々と帰る以外に術がなかった。
次の大地震に東京はおびえ、以来二度と起きていないものの、多くの人々は自転車を準備したり、おしゃれな折りたたみ自転車を買い置きした。中には、自転車に巧く乗れないのがひと目でわかるのに、そうした自転車で大都市東京を通り、無実の歩行者を脅かす人がいるのだ。
いずれにしても、ここ最近、東京での自転車走行には当てはまらないものの、散歩は少し安全になってきた。自転車事故が増えたため、東京の警察は我慢ならなくなったようだ。前述の渋谷の交差点で、警察はカミカゼ自転車乗りを追いかけてせっせと違反切符を切っていて、最近ではブレーキの不備も取り締まっている。
東京ではブレーキなしの自転車で走るのが格好いいとされていて、相手が止まるというのだ。歩行者にとってこれには危険な利点がある。ブレーキのついていない自転車はキーッという音を立てないからだ。
<終了>

【ゴリ丸の感想】
なんとも皮肉たっぷりのエンディングですね。確認はしていませんが、たぶん日本の法律ではブレーキのついていない自転車でも売買は禁止されていません。公道上で走ることが禁止されているだけです。盗聴器やかつての危険ドラッグと同じですね。使う人しか罰せられないのです。
ドイツの自転車の場合、ブレーキは手で操作するのではなく、足で操作します。ペダルを逆方向に回すとブレーキがかかる仕組みです。なんでもそうでしょうが、慣れないと危ないです。しかも、こうしたブレーキは日本では認められていません。
こうした違いがありますので、ブレーキがキーッと音を立てることはドイツではまずありません。この記者氏もさぞかしビックリしたことでしょう。
いずれにしても、本記事は日本人の交通マナーの悪さを指摘している面もありますが、実は交通に対する両国文化の違いもあらわしていると思います。
ともかくも、自転車事故、特に歩行者との事故は増えていますので、交通マナー、交通ルールは守りましょう。
~この稿おわり~

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。